HOME>トピックス>まずは保護者が情報収集を行い、本命を幾つかに絞ったら無料体験授業を活用する

目次

子供の目的を考えて

授業

一口に学習塾と言っても、授業の補習や復習を中心にしている所もあれば、中学や高校受験のための講座を開設している塾もあるなど、内容は様々です。学習塾選びにあたっては、お子さんの目的に見合った授業を行っている所を探しましょう。更に授業料、通いやすさ、口コミなども考慮して、候補となる塾を幾つかピックアップして下さい。入会手続き前に個別相談会があるなら、実際に足を運ぶ良い機会となります。施設内をチェックして、仮に清掃が行き届いていないとか、落書きだらけの備品が置いているなら、管理が行き届いていないと考えられます。

無料体験授業を受けてみる

授業

保護者が「この塾なら安心だ」と判断しても、授業を受けるのはお子さんです。実際に受講してみると、本人が「合わない」と感じることもある訳です。その対策として、多くの学習塾では入塾前に無料体験授業を実施しているので、これを活用して下さい。勿論、体験授業だけでその塾の全容が掴めるわけではありませんが、それでも実際の授業を受けないと分からない点も沢山あるからです。講師の説明の進め方、内容の分かりやすさ、教室内の緊張感なども重要なチェックポイントとなるでしょう。その結果、本人が納得できれば、申し込み手続きに入ります。手続きにあたっては、受講申込書や口座振替依頼書、テキスト購入申込書などの書類が必要となります。又、最初の授業には指導原簿など、筆記具以外の書面の持参を求める塾もあるので、準備を怠らないようにして下さい。

広告募集中